広報文化センターお問合せ

Hellichova 1, 118 01, Praha 1
電話:+420 257 011 099【新番号】
FAX:+420 257 532 377
メール:jicc@ph.mofa.go.jp

窓口受付時間:

月曜〜金曜(祝祭日を除く)
午前:9時00分〜12時30分
午後:13時30分〜16時30分

文化行事カレンダー

2019

2019年3月

Musica Orbisシリーズ:京都新祝祭管弦楽団 東日本大震災復興支援コンサートinプラハ

2019年3月29日(金)19:30
場所: プラハ市民会館、スメタナホール (Náměstí Republiky 5, Praha 1)
主催: 京都新祝祭管弦楽団
後援: 在チェコ日本国大使館
詳細: 指揮:湯浅篤史
プログラム:
・リスト/ピアノ協奏曲第1番ピアノ/塩見亮
・十河陽一/「鏡凪」(かがみなぎ)
~独奏トランペットを伴うオーケストラのための~ (2018) トランペット/北村源三
・マーラー/交響曲第4番ト長調ソプラノ/小玉洋子
チケット予約サイトはこちら:https://goout.net/en/concerts/musica-orbis-2019-kyoto-new-festival-orchestra/nyjtd/+lpucl/

日本映画祭「EIGA-SAI2019」

オストラヴァの開催:2019年3月15日(金)~3月17日(日)
プラハの開催:2019年3月18日(月)~3月24日(日)
場所: Kino Cineport (Moravská Ostrava 3369, Ostrava)、ルツェルナ宮殿内(Vodičkova 36, Praha 1)
主催: 国際交流基金、ルツェルナ宮殿、チェコ日本友好協会、在チェコ日本国大使館
詳細: 今年の日本映画祭は、オストラヴァ及びプラハで開催。プログラムと詳細:www.eigasai.cz

JICCでの映画上映: カキと森と長靴と

2019年3月14日(木)18:00
場所: 在チェコ日本大使館広報文化センター(Hellichova 1, Praha 1)
主催: 在チェコ日本国大使館
提供: NHK
詳細: 東日本大震災で高さ20mの津波が気仙沼を襲う。海の生き物は全滅したかに見えた。絶望の海でカキ養殖を再開させたのが畠山重篤。「森は海の恋人」という名言を生んだカキ養殖家だ。震災で海は死に絶えたかのように見えたが畠山は確信していた。海は自らの力で必ず回復する、と。NHKは震災直後から養殖再開に挑む畠山を密着。海と山が融合しながら浄化していく様を、畠山のモノローグと4K撮影で映像美を追求した番組。
(54分、英語)

伊藤有壱・日本の新世代アニメーション
映画上映:伊藤有壱監督作品・文化庁若手アニメーター等人材育成事業「あにめたまご」作品
伊藤有壱監督トーク・ディスカッション

2019年3月8日(金)19:00
場所: Kino Pilotů(Donská 19, Praha 10 Vršovice :トラム4番・22番にてKrymská下車)
主催: 在チェコ日本国大使館、国際交流基金、Kino Pilotů
詳細: アニメーションディレクター伊藤有壱監督(アニメーションスタジオI.TOON Ltd. 取締役代表・東京藝術大学教授・日本アニメーション協会理事)作品8点の上映及び、文化庁若手アニメーター等人材育成事業「あにめたまご」で選ばれた作品のうち、2点を上映する。また、映画上映後には、本上映会のために日本からプラハを訪れている伊藤監督による「Neo Craft Animation」をテーマとしたのトーク・ディスカッションも行われる。
入場料は無料ですが、事前予約が必要です。予約は電話(723 985 986)及びメール(kinopilotu@mimesis.cz)で可能です。

伊藤有壱・日本の新世代アニメーション
映画上映:東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻最終修了作品

2019年3月7日(木)19:00
場所: Kino Pilotů(Donská 19, Praha 10 Vršovice :トラム4番・22番にてKrymská下車)
主催: 在チェコ日本国大使館、国際交流基金、Kino Pilotů
詳細: アニメーションディレクター伊藤有壱監督が教鞭をとる、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の15名の学生達による修了作品。パペットやクレイ等のストップモーションアニメや3Dアニメ、水彩アニメ等、先進的な技術を用いた多種多様な作品が楽しめる。
入場料は無料ですが、事前予約が必要です。予約は電話(723 985 986)及びメール(kinopilotu@mimesis.cz)で可能です。

Musica Orbisシリーズ:同志社交響楽団コンサート

2019年3月4日(月)19:30
場所: ルツェルナ宮殿大ホール(Štěpánská 61, Praha 1)
主催: The Prague Concert Co.
後援: 在チェコ日本国大使館
詳細: 指揮:海老原 光
曲目:J.ブラームス:大学祝典序曲
   團伊玖磨:交響曲第1番
   A.ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95
チケットはオンライン(https://goout.net/en/concerts/musica-orbis-2019-doshisha-university-orchestra/fyjtd/+kpucl/ 、割引クーポン 「MOJAP2019」利用可能)、 または電話 (222 524 388)及びメールで (admin@concert.cz) (割引コード「JSEMMOJAP」利用可能)で予約可能。チケットの予約は2月25日まで。

オロモウツでの「日本の春」

2019年3月1日(金)~4月2日(火)
場所: オロモウツ、ブルノ
主催: 日本クラブ・オロモウツ
後援: 在チェコ日本国大使館
詳細: 第15年目のオロモウツ日本文化祭。プログラムには様々な講演会、ワークショップや日本映画上映があります。イベント詳細とスケジュールはこちら:http://jaro2019.japonskyklub.cz/

2019年2月

JICCでの映画上映: 「私を襲った津波~その時 何が起きたのか~」

2019年2月21日(木)18:00
場所: 在チェコ日本大使館広報文化センター(Hellichova 1, Praha 1)
主催: 在チェコ日本国大使館
提供: NHK
詳細: 1万8000人を超える犠牲者を出した東日本大震災の巨大津波。膨大な映像が残されたが、実は映像に残されていない場所で多くの命が失われていた。津波に巻き込まれると何が起きるのか、なぜ命を奪う力を持っているのか。今回、津波に襲われた人たちの体験を最新技術で映像化。流されている最中、水中、そして建物の中などでの津波のメカニズムを明らかにする。知られざる津波の脅威を描き、改めて東日本大震災に向き合う。(49分。英語)

JICCでの映画上映: 「風の電話~残された人々の声~」

2019年2月7日(木)18:00
場所: 在チェコ日本大使館広報文化センター(Hellichova 1, Praha 1)
主催: 在チェコ日本国大使館
提供: NHK
詳細: 岩手県大槌町の海を見下ろす丘に置かれた「風の電話」。震災で会えなくなった家族や友人ともう一度言葉を交わしたいと願う人々がここを訪ね、線のつながっていない受話器を通じて「会話」をする。東日本大震災から5年。復興は進んでも、大切な人を失ったことで前に進めずにいる人はまだ多くいる。口に出せない思いを抱えた人たちにとって風の電話は大切な支えになっている。風の電話でささやかれるいくつもの心の声に耳を傾けた。(50分。英語)

日本・チェコ新年ジョイントコンサート

2019年2月2日(土)13:30
場所: ルツェルナ宮殿内映画館ホール (Štěpánská 61, Praha 1)
主催: チェコ日本友好協会、在チェコ日本国大使館
詳細: 入場無料、予約不要です。

2019年1月

書初め(ワークショップ)

2019年1月23日(水)18:00
場所: 在チェコ日本大使館広報文化センター(Hellichova 1, Praha 1)
主催: 在チェコ日本国大使館
詳細: 2019年の書初めワークショップです。新年へ向けて、希望や抱負を漢字で表してみませんか。 席の予約は、jicc@ph.mofa.go.jpまでご連絡ください。

JICCでの映画上映: 「いま忍者 初見良昭84歳」

2019年1月16日(水)18:00
場所: 在チェコ日本大使館広報文化センター(Hellichova 1, Praha 1)
主催: 在チェコ日本国大使館
提供: NHK
詳細: 現代に生きる忍者がいる。初見良昭84歳。900年の伝統をもつといわれる戸隠流を受け継ぐという彼の忍術は、敵の攻撃をかわし己の命を守るための究極のサバイバル技術としてFBIなど各国の警察や軍事機関から注目されている。初見は奈良の忍術の達人に入門して技を継承。海外での武者修行で格闘家や軍人の猛者たちを寄せつけなかった。世界が注目するニンジャマスター初見良昭の華麗なる神技の数々、そして人生に迫る。(49分。英語)
<文化行事の際の注意事項>

当館関連の文化行事では、資料用に当館職員が写真・ビデオ撮影を行う場合があり、当館広報資料として当館HPや出版物に掲載することがあります。