在チェコ共和国日本国大使館

Maltézské náměstí 6, 118 01, Praha 1
電話(代表):+420 257 533 546
FAX:+420 257 532 377

開館時間

領事窓口
9:00〜12:30、13:30〜16:30(月〜金)

広報・文化センター
9:00〜12:30、13:30〜16:30(月〜金)

休館日

マップ

map

交通アクセス

  • 地下鉄B線Anděl駅よりトラム12番、20番でHellichova駅下車後、徒歩3分
  • 地下鉄B線Národní třída駅よりトラム22番でHellichova駅下車後、徒歩3分
  • 地下鉄A線Malostranská駅よりトラム12番、20番、22番でHellichova駅下車後、徒歩3分
  • 地下鉄C線Holešovické nádraží駅よりトラム12番でHellichova駅下車後、徒歩3分

駐チェコ日本国大使の活動

バクサ・プルゼン市長表敬
2021年9月24日

9月24日、鈴木大使は、バクサ(Mr.Martin Baxa)プルゼン市長を表敬訪問し、日系企業をはじめ同市で活動する日本人コミュニティへの支援に感謝の意を表するとともに、カーボンニュートラルに向けた取組のほか、経済、芸術、文化面でのさらなる交流・協力について意見交換を行いました。


バクサ・プルゼン市長(左)と鈴木大使(右)

ピルスナー・ウルケル醸造所 (アサヒグループ)訪問
2021年9月23日

9月23日、鈴木大使は、アサヒグループのPlzensky Prazdroj社のピルスナー・ウルケル醸造所を訪問しました。1842年に世界で初めてピルスナースタイルのビールを醸造し、175年の歴史を持つ同醸造所を視察するとともに、古くから変わらない独自製法や、水の使用量削減など先端技術を活用した環境負荷低減の取組などについてお話を伺いました。プルゼン市の発展とともに歩んできたビール産業は、同市において日本との連携が大いに期待される分野の1つとなっています。


Plzensky Prazdroj社の皆様と鈴木大使夫妻


醸造所内を視察する鈴木大使

Daikin Industries Czech Republic社訪問
2021年9月23日

9月23日、鈴木大使は、エアコンや環境負荷の少ない暖房製品(ヒートポンプ)を製造するDaikin Industries Czech Republic社を訪問しました。同社の生産ラインを視察するとともに、欧州における事業展開、幅広い分野にわたる西ボヘミア大学との産学連携の取組などについてお話を伺いました。引き続き、同社がプルゼン市、チェコ、欧州全体の社会・経済に寄与されること、また、同社の優れた技術革新を通じた温室効果ガス実質ゼロへの挑戦が、持続可能な社会の実現を力強く後押しするものとなることを期待しています。


Daikin Industries Czech Republic社の皆様と鈴木大使夫妻

Panasonic AVC Networks Czech社訪問
2021年9月23日

9月23日、鈴木大使は、テレビや環境負荷の少ない暖房製品(ヒートポンプ)を製造するPanasonic AVC Networks Czech社を訪問しました。同社のロボットによる最先端の生産ラインを視察するとともに、欧州における事業展開、市場の状況などについてお話を伺いました。引き続き、同社がプルゼン市、チェコ、欧州全体の社会・経済に寄与されること、また、世界に先駆けた自動化技術をはじめ、同社の素晴らしい技術が、人々の生活をより豊かにし、持続可能な社会に向けた取組をリードし続けていくことを期待しています。


Panasonic AVC Networks Czech社の皆様と鈴木大使夫妻

鈴木大使の統合核放射物生物化学防護卓越センター訪問
2021年9月20日

9月20日、鈴木大使は、ヴィシュコフの統合核放射物生物化学防護卓越センター(The Joint CBRN Defence COE)を訪問しました。マルティーネク所長らから同センターの沿革、組織、ミッションについての説明を受け、CBRN防護に関する我が国との協力について意見交換を行いました。


鈴木大使(中央)、マルティーネク所長(右から4番目)と職員の皆様
© LTC Pavel ŠEBESTA (CZE-A)

第30回ヤングプラハ国際音楽祭への出席
2021年9月16日~10月3日

鈴木大使夫妻は、9月16日チェコ共和国上院、22日ポーランド大使館、10月3日ドヴォルザーク・ホールで行われた第30回ヤングプラハ国際音楽祭のコンサートに出席しました。いずれのコンサートでも、日本と各国の若手音楽家が才能を存分に発揮し、その力強く、フレッシュな演奏で来場者を魅了しました。日本大使館は、3つのコンサートを共催いたしました。本年30周年を迎えたヤングプラハ音楽祭をこれまで支えてこられた、すべての関係者の皆様に心から感謝申し上げるとともに、本音楽祭のますますの発展を祈念いたします。


上院オープニングコンサートにおける大使挨拶


オープニングコンサートでの演奏の様子


ポーランド大使館コンサート後、
大使夫妻、出演者、ポーランド大使館関係者


クロージング・コンサートでの演奏の様子

鈴木大使のハヴリーチュクーフ・ブロド訪問
2021年9月11日

9月11日、鈴木大使は、ハヴリーチュクーフ・ブロド市を訪問し、テツル市長を表敬訪問しました。また同市のギムナジウム(高校)を訪問し、校内を見学したほか、生徒のヨハンカ・ユクロヴァーさんと面会しました。ユクロヴァーさんは独学で日本語の勉強を始め、昨年3月には日本語で大使に宛てた手紙を送ってくれました。ユクロヴァーさんが今後も日本語学習を通じて一層日本に親しみを持ってくれることを願うとともに、教育・文化交流を通じて両国の友好関係がさらに発展していくことを期待しています。


ギムナジウムにてヨハンカさん、
ご家族学校関係者の皆様と
(c) Gymnázium Havlíčkův Brod


市庁舎にてテツル市長及び市関係者の皆様と
(c) Foto archiv města Havlíčkův Brod

鈴木大使のフタバチェコ(Futaba Czech, s.r.o.)社工場視察
2021年9月11日

9月11日、鈴木大使は、ハヴリーチュクーフ・ブロドのフタバチェコ(Futaba Czech, s.r.o.)社の工場を視察、製造工程の効率性向上のための工夫や、ゼロ・エミッションに向けた取り組みなどに関するお話を伺いました。同社が、引き続きチェコの経済発展に寄与されること、さらに、それを通じて日チェコ間の関係が一層強化されることを願っております。


前田社長(一番右)、社員の皆様
と鈴木大使夫妻


工場内を視察する鈴木大使

鈴木大使のヴァニュコヴァー・ブルノ市長表敬
2021年9月8日

9月8日、鈴木大使は、ヴァニュコヴァー(Ms. Markéta Vaňková)ブルノ市長を表敬訪問し、ブルノ市で活動する日系企業や芸術家等への支援に感謝するとともに、我が国とブルノ市との交流が今後さらに多様化されることへの期待を述べました。また、11月にブルノ市で行われるエンジニアリング・フェアや、温室効果ガス排出量削減に向けた取組、IT・サイバーセキュリティ分野での協力について、同市長と意見交換を行いました。


鈴木大使(左)とヴァニュコヴァー市長(右)

鈴木大使のグロリフ南モラヴィア県知事表敬
2021年9月8日

9月8日、鈴木大使は、グロリフ(Mr. Jan Grolich)南モラヴィア県知事を表敬訪問し、ビジネス、芸術、学術のために同県で活動する日本人コミュニティへの支援に感謝の意を表するとともに、文化、学術、経済面でのさらなる交流・協力について意見交換を行いました。
今年6月に同県南部で発生した竜巻により被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。また、同地域が一日も早く復興されることお祈り申し上げます。


鈴木大使(左)とグロリフ知事(右)

鈴木大使のDaikin Device Czech Republic社訪問
2021年9月8日

9月8日、鈴木大使は、エアコン用コンプレッサー及び環境負荷の少ない暖房製品を製造するDaikin Device Czech Republic社を訪問しました。同社の生産ラインを視察するとともに、高品質の製品を継続的に生産するための体制・環境構築のための同社の取組や欧州市場の動向についてお伺いしました。引き続き、同社が、ブルノ市、チェコ、欧州全体の社会・経済に寄与されることを期待しております。


Daikin Device Czech Republic社の皆様と鈴木大使(右から3番目)

鈴木大使のオストラヴァ工科大学先端・革新技術センター(CPIT)訪問
2021年9月7日

9月7日、鈴木大使は、オストラヴァ工科大学先端・革新技術センター(CPIT)を訪問し、スナーシェル(prof. Václav Snášel)オストラヴァ工科大学学長、ククショバー(prof. Jana Kukutschová)副学長、ストゥルナーデル(prof. Bohumír Strnadel)CPITセンター長やCPITの皆様から盛大な歓迎を受けました。また、同センター内の複数の研究所において、衝撃や熱、使用等によるマテリアルの耐性や構造変化を研究するための設備を拝見するとともに、これまでの日本企業との協力についてお話を伺いました。同センターと我が国研究者等との今後のさらなる交流と、同センターにおける研究成果が産業の発展にますます貢献することを期待しております。 なお、ストゥルナーデル教授は長年の日チェコ科学技術協力への貢献を賞され、旭日中綬章を授与されています。


左から、志牟田JETROプラハ事務所長、ククショバー副学長、鈴木大使、スナーシェル学長、ストゥルナーデル教授

鈴木大使のオストラヴァ工科大学エネルギー環境技術センター(CEET)訪問
2021年9月7日

9月7日、鈴木大使は、オストラヴァ工科大学エネルギー環境技術センター(CEET)を訪問し、CEET内のテストベッド研究施設等を視察しました。CEETは、EUや国のエネルギー・コンセプトに基づいて、持続可能な低炭素エネルギー関連技術の開発や実用化に向けた研究を行うために、2021年1月に、オストラヴァ工科大学にある既存の4つの研究機関を統合して設立されたとのことで、ミシャーク同センター長や研究者の方々からCEETのプロジェクト計画や今後の水素技術の活用についてお伺いしました。


鈴木大使(左から2番目)とCEETの皆様

鈴木大使のオストラヴァ・チェコ日本文化センター訪問
2021年9月7日

9月7日、鈴木大使は、オストラヴァのチェコ日本文化センターを訪問し、クドラ所長から同センターの活動状況についてお伺いするとともに、学術、文化、ビジネス、スポーツ面での我が国関係者との交流について意見交換を行いました。10月15日から17日にかけて同センターは「日本デー」をオストラヴァで開催します。同センターが我が国とチェコの架け橋となって、オストラヴァと我が国との友好関係がますます強化されることを期待しております。


チェコ日本文化センターの皆様と鈴木大使(中央)


鈴木大使(左)、クドラ所長(右)

オストラヴァ市長との水素技術での協力に関する意見交換
2021年9月6日

9月6日、鈴木大使は、オストラヴァ市を訪問し、マツラ市長及びオストラヴァ公共交通社(DPO)から、現在準備を進めている水素ステーションの設置や公共交通への水素の活用などの具体的な計画についてお伺いしました。また、我が国における水素技術活用例や2050年までにカーボン・ニュートラルを達成するための我が国地方自治体の取組を紹介し、両国による今後の協力の可能性について意見交換を行いました。


マツラ市長(左)と鈴木大使(右)

モラヴィア・シレジア県知事との水素技術での協力に関する意見交換
2021年9月6日

9月6日、鈴木大使は、モラヴィア・シレジア県を訪問し、ヴォンドラーク知事及びウヌツカ第一副知事(産業・エネルギー・スマート県担当)から、水素の供給、製造、活用を通じた同県の転換構想や、同県における大学研究機関での水素関連技術の研究開発や水素バスの入札開始等の具体的なプロジェクトについてお伺いしました。また、我が国における水素技術活用事例について紹介し、今後の両国における産業技術協力の可能性について意見交換を行いました。


鈴木大使(左)、ヴォンドラーク知事(右)

モラフスカー・オストラヴァ・ア・プシーヴォス区長等との意見交換、写真展への出席
2021年9月6日

9月6日、鈴木大使は、オストラヴァのモラフスカー・オストラヴァ・ア・プシーヴォス(Moravská Ostrava and Přívoz)区を往訪し、オジャノヴァー(Ms. Zuzana Ožanová)区長 兼 下院議員、ヴィトシュ(Mr. David Witosz)第一副区長及びクドラ(Mr. Jan Kudla)オストラヴァ・チェコ日本文化センター所長と、文化・産業面での日チェコ間協力について意見交換を行い、オストラヴァと他の地域を連結するインフラの計画や都市開発計画についてお伺いしました。また、日本の名所や市街地の写真を展示した区主催の写真展オープニング式典に参加し開会挨拶を述べるとともに、同写真展を訪問された方々から日本とのご縁についてお伺いしました。


左から、鈴木大使、クドラ所長、オジャノヴァー区長、ヴィトシュ第一副区長


写真展オープニング式典の様子

鈴木大使のパルドビツェ訪問
2021年9月4日

9月4日、鈴木大使は、130年以上の歴史を持つパルドビツェ市の伝統行事である障害馬術競争「Velká pardubická」の予選が行われる機会に同市を訪問し、ジェホウネク議員及びハルヴァート・パルドビツェ市長と懇談しました。


左からジェホウネク議員、鈴木大使、ハルヴァート市長

第16回盆栽展 オープニングへの出席
2021年9月2日

9月2日、鈴木大使夫妻は、プラハ市植物園の日本庭園で行われた、第16回盆栽展のオープニングに出席しました。本年もプラハ植物園をはじめ関係者のご尽力で、晴天の下、日本庭園で無事開催される運びとなりました。チェコで丁寧に育てられた繊細で美しい盆栽を多くの方にご覧いただき、展示会が成功することをお祈り申し上げます。


テープカットする鈴木大使ご夫妻(右から2番目と3番目)と参加者。

ボフミール・ストゥルナデル(Prof. Strnadel)オストラヴァ工科大学教授に対する叙勲伝達式
2021年8月26日

8月26日、日本大使公邸において、令和二年春の外国人叙勲により旭日中緩章を授与されたボフミール・ストゥルナデル(Prof. Ing. Bohumír Strnadel, DrSc.)オストラヴァ工科大学教授 兼 同大学先端イノベーションセンター(CPIT)センター長への叙勲伝達式を開催いたしました。ストゥルナデル教授は、約20年に亘り、我が国学術界や産業界の研究者の方達等と交流を通じて、我が国とチェコとの間の学術交流の促進や両国間の友好関係の強化に寄与されました。式では、鈴木大使による祝辞の後で、ストゥルナデル教授に勲記・勲章が伝達され、同教授より、これまでに交流してきた我が国の多くの研究者の方々への謝意が述べられました。上院議会、外務省、政府機関、大学・研究機関、チェコ日本商工会、JETROプラハの代表者の方々や同教授のお仲間が出席し、なごやかな雰囲気のもとで同氏の叙勲を祝いました。


勲章を授与されたストゥルナーデル教授
と鈴木大使


答辞を述べるストゥルナデル教授

鈴木大使のヘイマ・プラハ1区長表敬
2021年8月12日

8月12日、鈴木大使は、ヘイマ(Mr.Petr Hejma)プラハ1区長を訪問し、二国間の観光促進等について意見交換を行いました。


鈴木大使(左)とヘイマ区長(右)

鈴木大使のセントラル硝子(Central Glass Czech)社工場視察
2021年8月11日

8月11日、鈴木大使は、パルドビツェのセントラル硝子(Central Glass Czech)社の工場を視察しました。


鈴木大使のフルディンコヴァー首相府欧州問題担当次官表敬
2021年8月10日

8月10日、鈴木大使は、フルディンコヴァー首相府欧州問題担当次官を訪問し、基本的価値を共有する日本、チェコ及びEUのインド太平洋における連携の重要性を確認し、2022年後半のチェコのEU議長国に向け、更に協力を深めていくことで一致しました。


鈴木大使(左)とフルディンコヴァー次官(右)

ハヴリーチェク副首相及びイロトコヴァー産業貿易副大臣との意見交換
2021年7月27日

7月27日、本使は、ハヴリーチェク副首相兼産業貿易相兼運輸相及びイロトコヴァー産業貿易副大臣(経済政策・起業担当)を訪問し、26日にチェコ政府が承認したばかりの水素戦略等についてお話を伺うとともに、エネルギー分野を始めとした日チェコ協力のさらなる強化や投資環境等について意見交換を行いました。


ハヴリーチェク副首相(左)、イロトコヴァー副大臣(中央)、鈴木大使(右)

鈴木大使のオリンピック・フェスティバル東京2020プラハ開会式出席
2021年7月23日

7月23日、鈴木大使はオリンプ・スポーツセンターで行われた、オリンピック・フェスティバル東京2020プラハの開会式に出席し、開会の挨拶を述べました。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会でのチェコの選手たちの活躍を応援するとともに、同大会がチェコの皆様に感動を届ける素晴らしいものとなり、日本・チェコ両国民の交流が一層深まることを期待しています。


鈴木大使の写真コンテスト「わたしたちの足跡」の作品展示会観覧
2021年7月21日

7月21日、鈴木大使はフォトシュコダ・センターを訪問し、日本・チェコ交流100周年記念特別企画:写真コンテスト「わたしたちの足跡」の作品展示会を観覧しました。昨年の写真コンテストではチェコセンター東京の協力の下、日本側、チェコ側から計160点もの作品を応募いただきました。今回の展示会では、その中から選ばれた20作品が展示されています。写真を通じて、よりたくさんのチェコの方々が日本に親しみを持ってくれることを願うとともに、コンテストの開催にご尽力いただいたすべての関係者の皆様に改めて感謝申し上げます。


鈴木大使のヴィストルチル上院議長表敬
2021年7月20日

7月20日、鈴木大使は、ヴィストルチル上院議長を表敬訪問し、両国の安全保障、投資を含めた幅広い分野における二国間関係の強化について意見交換を行いました。また、地球規模の課題についても率直な意見を交わし、自由で開かれたインド太平洋(FOIP)ビジョンや、気候変動、エネルギー分野での協力の重要性につき一致しました。今後もチェコ上院との良好な関係を発展させたいと思います。


鈴木大使(左)とヴィストルチル上院議長委員長(右)写真:チェコ上院事務局

鈴木大使の日本・チェコ交流100周年事業「第二回藝展」観覧
2021年7月16日

7月16日、鈴木大使はマーネス・ギャラリーを訪問し、日本・チェコ交流100周年事業「第二回藝展」を観覧しました。新型コロナウイルスの影響で昨年は延期となりましたが、関係者のご尽力で無事開催される運びとなりました。日本の現代芸術家による幅広いジャンルの作品を多くの方がご覧いただき、日本の芸術文化が一層世界に発信されていくことを期待しております。


鈴木大使の高齢者支援施設ZIVOT90の庭園オープニングセレモニー出席
2021年7月15日

7月15日、鈴木大使は高齢者支援施設ZIVOT90の庭園オープニングセレモニーに出席しました。同事業はJapan Tobacco Internationalの支援により実現したものです。このような日本企業とチェコ市民社会との協力により、日チェコ間の友好関係と相互理解が一層強化されることを期待しています。


鈴木大使のポジェブラディ市長表敬
2021年7月12日

7月12日、鈴木大使は、ポジェブラディ市を訪問し、チェルヴィンカ市長等と日チェコ間の交流強化を巡り意見交換を行いました。ポジェブラディは、15世紀に選挙を通じて選出されたボヘミア王ジョージ(Jiří z Poděbrad)の出身地であり、また、明治時代にチェコ人と結婚した日本人女性フク・ホロヴァーさんが半生を過ごした日本と縁のある地です。文化交流をはじめとして今後ますます両国間の人的交流が深まることを期待しております。


左から、シュルツ第一副市長、チェルヴィンカ市長、鈴木大使、ホラス第二副市長


鈴木大使(左)、チェルヴィンカ市長(右)

Toyota Motor Manufacturing Czech Republic社訪問
2021年7月12日

7月12日、鈴木大使は、コリーン市にあるToyota Motor Manufacturing Czech Republic社を訪問し、同社の工場において自動車製造の工程を視察いたしました。また、高品質の自動車を生産し続ける弛まぬ努力や、製造工程の効率性向上・労働環境改善のための日々の工夫など、様々な同社の取組みについてお伺いしました。同社が、引き続きチェコ経済・社会の一部として貢献されること、さらに、それを通じて日チェコ間の関係が一層強化されることを期待しております。


鈴木大使のノイセル国立スポーツ庁長官表敬
2021年7月8日

7月8日、鈴木大使は、ノイセル国立スポーツ庁長官を表敬訪問し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会について意見交換を行い、安心・安全な大会運営のための日本政府の方針と決意について説明するとともに、同大会でのチェコ選手の活躍に期待を表明しました。


鈴木大使(左)とノイセル国立スポーツ庁長官(右)

Toyota Central Europe – Czech社訪問
2021年6月24日

6月24日、鈴木大使は、Toyota Central Europe – Czech社を訪問し、同社がチェコで販売を開始した燃料電池自動車の技術に関する説明をお伺いした上で同社の燃料電池自動車に試乗するとともに、チェコにおける水素技術の活用の可能性について意見交換をいたしました。同社のサービスを通じて水素技術への理解がますます深まるとともに、同社が一層社会に貢献されていくことを期待しております。


鈴木大使のフィシェル・チェコ上院外交防衛安全保障委員会委員長表敬
2021年6月17日

6月17日、鈴木大使は、フィシェル・チェコ上院外交防衛安全保障委員会委員長を訪問し、インド太平洋の安全保障環境及び日チェコの外交、防衛分野での協力の展望、議員交流の重要性について意見交換を行いました。


鈴木大使(左)とフィシェル委員長(右)。マサリク大統領の絵画の前で。

鈴木大使のセヒテル運輸副大臣表敬
2021年6月16日

6月16日、鈴木大使は、セヒテル運輸副大臣(国際、鉄道、航空、ITS、宇宙担当)を訪問し、両国における航空、宇宙、鉄道分野の状況について意見交換を行い、運輸分野でも日チェコ間の産業・研究面での協力を進めていく可能性について議論いたしました。


鈴木大使(左)とセヒテル副大臣(右)

鈴木大使のヴォンドラーク下院議員・モラヴィア・シレジア県知事との懇談
2021年6月15日

6月15日(火)、鈴木大使は、ヴォンドラーク下院議員・モラヴィア・シレジア県知事と懇談し、日チェコ関係について意見交換を行いました。


ヴォンドラーク下院議員・モラヴィア・シレジア県知事(右)と鈴木大使(左)

鈴木大使のドレチェク教育・青年・スポーツ副大臣表敬
2021年6月9日

6月9日、鈴木大使は、ドレチェク教育・青年・スポーツ副大臣(高等教育・科学・研究担当)を訪問し、日チェコ両国における科学技術分野の動向について意見交換を行い、今後さらに両国の研究機関・大学間の科学技術協力を進めていく方向で一致いたしました。


鈴木大使とドレチェク副大臣

鈴木大使のスヴォボダ元外務大臣との懇談
2021年6月3日

6月3日(木)、鈴木大使は、スヴォボダ元外務大臣と懇談し、日チェコ関係について意見交換を行いました。


スヴォボダ元外務大臣(左)と鈴木大使(右)

鈴木大使のハナーク・チェコ産業連盟会長表敬
2021年6月2日

6月2日、鈴木大使は、ハナーク・チェコ産業連盟会長を訪問し、グリーン・テクノロジー、デジタライゼーション、運輸、教育、観光の分野について意見交換を行い、2025年大阪・関西万博等の様々な機会を通じ、今後さらに日チェコ間の産業協力を進めていく可能性について議論いたしました。


鈴木大使とハナーク会長

鈴木大使のジェホウネク下院議員・日チェコ友好議員連盟会長表敬
2021年6月1日

6月1日(火)、鈴木大使は、ジェホウネク下院議員・日チェコ友好議員連盟会長を訪問しました。同議員と、日本とチェコとの更なる協力や、チェコの2025年大阪・関西万博への参加について意見交換を行いました。


ジェホウネク下院議員・日チェコ友好議員連盟会長(右)と鈴木大使(左)

鈴木大使夫妻の「オリンピックと東京」展訪問
2021年6月1日

6月1日、鈴木大使夫妻は、国立博物館を訪問し、ルケシュ同館長とケイヴァル・チェコ・オリンピック委員会会長と共に、同館で実施中の「オリンピックと東京」展を観覧しました。1940年の実現しなかった東京オリンピックのために作られたプログラムや、1940年から現在までのスポーツ関連技術の変遷、1964年の東京でのチェコ人選手の活躍に関する資料など、大変興味深い貴重な展示を見ることができました。また、鈴木大使は、展示会の実現に尽力した国立博物館とチェコ・オリンピック委員会の関係者の方々の熱意に敬意を表し、ルケシュ館長およびケイヴァル会長と、今後の幅広い協力につき意見を交わしました。
展覧会の情報はこちら。https://www.nm.cz/en/program/exhibitions/olympic-tokyo(英語)


(左から)鈴木大使夫妻、ルケシュ国立博物館館長、ケイヴァル・チェコ・オリンピック委員会会長

鈴木大使のドロウヒー・チェコ商工会会長表敬
2021年5月27日

5月27日(木)、鈴木大使は、ドロウヒー・チェコ商工会会長を訪問し、日チェコ間の貿易、投資、エネルギー・セクター、産業構造改革等を巡る情勢について意見交換を行うとともに、今後、さらに日チェコ間の産業協力を深めていくことで一致いたしました。


ドロウヒー会長と鈴木大使

鈴木大使のスムルシュ環境副大臣表敬
2021年5月26日

5月26日(水)、鈴木大使は、スムルシュ環境副大臣副大臣(戦略・国際関係担当)を訪問しました。同副大臣と、日本とチェコにおけるエネルギーや自然災害の状況を巡る情勢について意見交換を行うとともに、今後、カーボン・ニュートラルを達成するため様々な技術を追求・活用する重要性について確認いたしました。


スムルシュ環境副大臣と鈴木大使

鈴木大使のドラーボヴァー国家原子力安全庁長官表敬
2021年5月19日

5月19日(水)、鈴木大使は、ドラーボヴァー国家原子力安全庁長官を表敬訪問し、今後の原子力分野での協力について意見交換を行いました。ドラーボヴァー長官及び国家原子力安全庁は、2011年の福島原子力発電所での事故後も、原子力の安全性強化のために日本との協力関係を深めてきました。日本とチェコの原子力コミュニティーのさらなる協力強化及び発展を期待しています。


鈴木大使とドラーボヴァー長官

鈴木大使のクルハーネク外務大臣表敬
2021年5月6日

5月6日(木)、鈴木大使は、クルハーネク外務大臣を表敬訪問し、会談しました。 冒頭、クルハーネク外務大臣から、翌日に予定されている「V4+日本」外相会談及び日チェコ外相会談で茂木外務大臣とお会いするのを心より楽しみにしている、日本はチェコにとって重要な戦略的パートナーである、との発言がありました。西バルカン地域、FOIP(自由で開かれたインド太平洋)、安全保障分野における協力関係を発展させることで意見が一致しました。また、鈴木大使より、日系企業の安定的操業・在留邦人の安全のための支援を改めて要望しました。引き続きクルハーネク外務大臣と協力し、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の実現を目指し、努力します。


クルハーネク外務大臣と鈴木大使

パラツキー大学ジャパンセンター・オープニング式典への参加
2021年4月28日

4月28日、鈴木大使は、オロモウツのパラツキー大学に新しく設立されたジャパン・センターのオープニング式典(オンライン)に出席し、クドラーチェク教授(パラツキー大学副学長兼ジャパン・センター創始者)を初めとする関係者の皆様、式典参加者の皆様に祝辞を述べました。また,付随プログラムとして,センター主催の初の俳句コンテストの結果発表と,日本でモラヴィア民謡を唄う唯一の歌手・出井則太郎さんと愛(まな)さんご夫妻のミニコンサートが行われました。
パラツキー大学の日本研究は30年近い伝統があり、多くの卒業生達が、日本とチェコの交流の架け橋となってくださっています。ジャパン・センターが、オロモウツや周辺地域の市民の方々の日本語や日本文化についての知識を深め、また、日本人とチェコ人が交流する多くの機会を提供し、更なる日チェコ友好関係の発展に重要な役割を果たしていくことを確信しています。
パラツキー大学ジャパン・センターの情報はこちら。https://jc.upol.cz/


鈴木大使(中央上)、クドラーチェク副学部長(右上)


俳句コンテストの結果発表とミニコンサートの様子

第45回日本語弁論大会への参加
2021年4月17日

4月17日、鈴木大使は、第45回日本語弁論大会に審査員として参加しました。昨年に引き続き、今年もオンライン開催でしたが、出場者の皆さんは練習の成果を存分に発揮し、日本語で自分の熱い思いを一生懸命発表していました。
今年は新たにビデオ作品部門が加わり、スピーチの合間には趣向の凝らされた動画作品が披露され、オンラインながら、今年も楽しい大会となりました。
改めて、大変な状況の中、本大会の開催にあたり、ご支援いただいた皆様に深く感謝申し上げます。今後も日本語学習を通じて、よりたくさんのチェコの人々が、日本に親しみを持ってくれることを願うとともに、来年は会場でお会いできるのを楽しみにしています。
大会動画は以下のリンクより御覧になれます。
弁論大会動画リンク:https://youtu.be/kHP0UGVYWls


動画内の大使挨拶


質問に答える発表者

鈴木大使のネジェラ産業貿易副大臣着任表敬
2021年3月9日

3月9日(火)、鈴木大使は、ネジェラ産業貿易副大臣(エネルギー担当)とオンライン形式で会談を行いました。同副大臣と、日本、チェコにおけるエネルギー・ミックスの状況やEUのエネルギーを巡る情勢について意見交換を行うとともに、今後、脱炭素社会の実現に向けて、二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)技術、水素技術、原子力エネルギー、再生エネルギー等、エネルギー分野において日チェコ間の産業・技術協力を進める可能性について議論いたしました。


鈴木大使(左下)とネジェラ産業貿易副大臣(上段)

鈴木大使によるスタシェク外務次官表敬
2021年3月3日

3月3日(水)、鈴木大使は、スタシェク外務次官を表敬訪問し、チェコの投資環境整備、「自由で開かれたインド太平洋」協力、チェコ政府の新型コロナウィルス感染対策に関する情報提供等について意見交換を行いました。


スタシェク外務次官と鈴木大使

「チェコ日イノベーション・デイズ」への出席
2021年2月24日

2月24日(水)、鈴木大使は、JETRO(日本貿易振興機構)及びチェコインベスト(チェコ・ビジネス・投資開発庁)共催のオンラインセミナー「チェコ日イノベーション・デイズ(Innovation Days)」の開会式に、トムチョ駐日チェコ共和国大使、ライフル・チェコインベスト長官、星野JETRO理事等と共に出席し、開会挨拶を行いました。同セミナーでは、7分野の革新性・技術性に優れたチェコの最先端企業や研究機関が日本や欧州から参加した将来の潜在的な日本のパートナーに向けてプレゼンテーションを行いました。こうしたイベントを通じて、日チェコ間の産業技術協力が益々強化されることを期待します。


オンライン形式でのセミナー


開会挨拶を行う鈴木大使

鈴木大使によるバビシュ首相表敬
2021年2月23日

2月23日(火)、鈴木大使は、バビシュ首相を表敬訪問し、日チェコ関係・エネルギー協力・インド太平洋協力・長期査証問題をはじめとする投資環境整備等について意見交換を行ったほか、バビシュ首相より、チェコ政府の新型コロナウィルス対策の説明がありました。また、同首相より、「即位の礼参列のために訪日した際のことはよく覚えている、天皇陛下のお誕生日を心から祝福申し上げる」とのお言葉を頂きました。


バビシュ首相と鈴木大使

鈴木大使のオチュコ産業貿易副大臣着任表敬
2021年2月22日

2月22日(月)、鈴木大使は、オチュコ産業貿易副大臣(デジタライゼーション・イノベーション担当)を訪問し、会談を行いました。同副大臣からはチェコのイノベーション戦略や人工知能戦略等について紹介がなされるとともに、同副大臣と産業技術研究開発を通じた日チェコ間の協力が今後期待される分野や投資優遇措置を始めとしたチェコの投資環境や関連制度について意見交換を行い、引き続き二国間で対話を行っていくことを確認いたしました。


鈴木大使とオチュコ産業貿易副大臣

鈴木大使によるインドラーク大統領府外交部長兼首相府外交顧問表敬
2021年2月19日

2月19日(金)、鈴木大使は、インドラーク(Mr. Rudolf JINDRAK)大統領府外交部長兼外交顧問を表敬訪問し、日チェコ関係・明年のチェコEU議長国就任・近隣諸国を含む国際情勢等について意見交換を行いました。同部長より、当地日系企業関係者の活躍に謝意が表明され、日本とさらに緊密な関係を築いていきたいとのお言葉を頂きました。


インドラーク大統領府外交部長兼首相府外交顧問と鈴木大使

AFI(外国投資協会)定期会合での講演
2021年2月18日

2月18日(木)、鈴木大使は、オンライン形式で行われたAFI(外国投資協会)の定期会合に参加し、日本企業によるチェコへの投資について講演を行いました。チェコの投資環境に関する話題に加えて、日EU経済連携協定(EPA)の活用及び日EU戦略的パートナーシップ協定(SPA)の意義、インド太平洋地域での協力、水素技術を始めとしたエネルギー協力等について述べるとともに、同会合で講演されたタウベロヴァー産業貿易副大臣(EU・通商担当)やAFIのメンバーの皆様と、将来の日チェコ経済・産業協力の展開について議論しました。今後も、チェコ政府機関やAFIの皆様とともに、チェコの外国投資環境の更なる改善に向け協力してまいります。


ブラジェクAFI会長(上段左)、タウベロヴァー産業貿易副大臣(中段右)、
鈴木大使(上段真ん中)

ヴェントゥルバ(Mr. Jiri Ventruba)・チェコ日本友好議員連盟会長着任表敬
2021年2月9日

2月9日(火)、鈴木大使は、ヴェントゥルバ・チェコ日本友好議員連盟会長を表敬訪問し、日チェコ関係について意見交換を行いました。同会長より、「日チェコ関係は極めて良好。現在はコロナ禍で人的交流を制限せざるを得ないが、状況が落ち着き次第、教育・化学・スポーツ・文化等様々な分野において人的交流を深め、堺市とブルノ市の交流促進と二国間関係強化のために尽力したい」とのお言葉を頂きました。


ヴェントゥルバ・チェコ日友好議連会長と鈴木大使

鈴木大使のトラパ外務副大臣着任表敬
2021年1月18日

1月18日(月)、鈴木大使は、トラパ外務副大臣(非欧州国・経済・開発協力担当) を訪問し、会談を行いました。同副大臣と、政治、文化、経済、科学技術、防衛・安全保障等の分野での今後の日チェコ間協力の他、多国間主義・国連システムの機能強化を始めとしたグローバルな課題について議論し、引き続き二国間で対話を行っていくことを確認いたしました。


鈴木大使とトラパ外務副大臣

鈴木大使のタウベロヴァー産業貿易副大臣着任表敬
2021年1月14日

1月14日(木)、鈴木大使は、タウベロヴァー産業貿易副大臣(EU・通商担当) を訪問し、会談を行いました。同副大臣と、脱炭素化、デジタル化、スマート・シティ 等を始めとした様々な分野での日チェコ間の産業協力・科学技術協力の可能性等について議論し、更なる協力の推進を確認いたしました。


鈴木大使とタウベロヴァー産業貿易副大臣

鈴木大使のグルメロヴァー外務副大臣・マルクソヴァー外務大臣着任表敬
2021年1月14日

1月14日(木)、鈴木大使は、グルメロヴァー外務副大臣及びマルクソヴァー外務副大臣を個別に訪問し、会談を行いました。両副大臣より、「鈴木大使のご着任を歓迎する。今日、民主主義などの共通の価値観を有する日本とチェコの関係は着実に深まっている。交流100周年にあたる昨年はコロナ禍に見舞われたが、次の100年に向けて、政治・経済・科学技術・文化・人的交流等各分野で二国間関係をさらに発展させていきたい」とのお言葉を頂きました。


グルメロヴァー外務副大臣


マルクソヴァー外務副大臣

鈴木大使のゼマン大統領への信任状奉呈
2020年12月9日

12月9日、鈴木大使は、ゼマン大統領に天皇陛下からの信任状を捧呈しました。大統領よりは歓迎の言葉と、チェコには多数の日本企業が活動しており、チェコ経済に貢献しているとの評価が表明されました。これから大統領のご支援の下、日チェコ関係強化のため日本大使としての正式な活動が始まります。
なお、ゼマン大統領には、日チェコ両国の友好を象徴する伝統工芸品として、九谷焼の杯をお贈りしました。この杯には、国旗・国章・国歌、そしてそれらを囲んで両国の国花(木)である桜と菩提樹が焼き上げられています。


鈴木大使とゼマン大統領


日チェコ友好の杯

第44回日本語弁論大会への参加
2020年11月7日

11月7日、鈴木大使は、第44回日本語弁論大会に審査員として参加しました。今年は初のオンライン開催でしたが、出場者の皆さんは日頃の学習の成果を存分に発揮され、工夫の凝らされた数々の面白いスピーチを披露しました。
スピーチの発表の合間には当地日本文化愛好団体によるパフォーマンスの様子が放映され、日本語に加え日本文化にも触れることもでき、オンラインながらもライブさながらの雰囲気を味わえる大変楽しい大会となりました。
改めて、大変な状況の中、本大会の開催にあたり、ご支援いただいた皆様に深く感謝申し上げます。今後も日本語学習を通じて、よりたくさんのチェコの方々が、日本に親しみを持ってくれることを願っております。
第44回日本語弁論大会及び審査結果は以下のリンクよりご覧になれます。

弁論大会:https://www.youtube.com/watch?v=1Ea2ps_mh6I
審査結果:https://www.japan.cz/2020/11/11/vysledky-benron-taikai-2020/


挨拶する鈴木大使


スピーチへの質問を受ける参加者

嶋﨑大使のペトシーチェク外務大臣離任表敬
2020年10月15日

10月15日(木)、嶋﨑大使は、離任を前にしてペトシーチェク外務大臣を表敬訪問し、会談しました。
冒頭、ペトシーチェク外務大臣から、9月23日に御家族とともに出席した狂言公演への招待について謝辞があり、コロナ禍にもかかわらず、本年、日チェコ交流100周年を祝えたことを嬉しく思うと述べました。その後、今後とも政治・経済・科学技術・文化・人的交流等各分野で、良好な日本・チェコ関係をさらに発展させていくことで意見の一致をみました。


ペトシーチェク外務大臣と嶋﨑大使

第15回 中欧盆栽展 オープニングへの出席
2020年10月1日

10月1日、嶋﨑大使夫妻は、プラハ市植物園の日本庭園で行われた、第15回盆栽展のオープニングに出席しました。本年はコロナウイルスの影響で延期となった中欧盆栽展ですが、プラハ植物園をはじめ関係者のご尽力で、紅葉の始まった爽やかな秋の日本庭園で、無事開催される運びとなりました。本年の盆栽展は、日本チェコ交流100周年の記念事業でもあります。チェコで丁寧に育てられた繊細で美しい盆栽も、日本とチェコの長年の交流を象徴するものの一つです。本年も多くの方にご覧いただき、展示会が成功することをお祈り申し上げます。


テープカットする参加者。
左端がリプカ植物園副園長と,
その隣に嶋﨑大使夫妻


歓談する嶋﨑大使夫妻と
フルブチェク・プラハ副市長

「スマート輸出フォーラム 」への出席
2020年9月29日

9月29日,嶋﨑大使は,プラハ市の会議場で開催された「スマート輸出フォーラム2020~日本及びアジアの虎 」のオープニング・セレモニーに出席し、対面又はオンラインで出席されたチェコ企業やビジネス・サポート機関等の代表者の皆様に向けて、開会の挨拶を述べました。同フォーラムは、デジタル・イノベーション及びトランスフォーメーションにおける国際貿易及び研究開発協力を支援することを目的とした情報共有及びネットワーキングのためのイベントとして、産業貿易省の後援の下、CzechInno協会 が主催したものです。デジタル・イノベーションの分野での優れたチェコ企業及びチェコの技術が、今後ますます日本において注目されることを期待しております。


挨拶する嶋﨑大使

国際音楽祭ヤングプラハ関係者との懇談
2020年9月24日

9月24日、嶋﨑大使は、国際音楽祭ヤングプラハの関係者と昼食を交えた懇親会を行いました。嶋﨑大使は、本年の第29回音楽祭が新型コロナウイルスの影響を受けて規模を縮小しつつも大成功に終わったことに祝意を表し、長年に亘って日本とチェコの音楽分野での交流に多大な貢献をしていることに感謝しました。  来年はこの音楽祭も30周年となる記念の年です。実行委員会や関係者の皆様と協力して、音楽祭を盛り上げていきたいと思います。


右から3番目が嶋﨑大使、左端がチステツキー実行委員長

嶋﨑大使夫妻の日本・チェコ交流100周年記念狂言公演への出席
2020年9月23日

9月23日、嶋﨑大使夫妻は、日本・チェコ交流100周年の記念事業である狂言公演に出席しました。ヴィストルチル上院議長、ペトシーチェク外務大臣をはじめ、両国関係の発展に尽力されている多くの関係者の方とともに、周年を祝うことができました。詳しくは、こちらをご覧ください。


嶋﨑大使夫妻とヴィストルチル上院議長


公演の様子

第29回ヤングプラハ国際音楽祭への出席
2020年9月

嶋﨑大使夫妻は、10日チェコ共和国上院,同22日スークホールで行われた第29回ヤングプラハ国際音楽祭のコンサートに出席しました。いずれのコンサートでも、日本と各国の若手の音楽家が才能をのびのびと発揮し、その力強く、フレッシュな演奏で来場者を魅了しました。日本大使館は、上記の両コンサートを含め3つのコンサートを共催いたしました。これからも国際音楽祭ヤングプラハのますますの発展を祈念するとともに、音楽祭の開催にご尽力いただいたすべての関係者の皆様に心から感謝申し上げます。


10日のオープニングコンサートにおける
大使挨拶


オープニングコンサートでの演奏の様子


22日のファイナルコンサートでの演奏の様子


ファイナルコンサートの後、
大使夫妻と出演者