在チェコ共和国日本国大使館

Maltézské náměstí 6, 118 01, Praha 1
電話(代表):+420 257 533 546
FAX:+420 257 532 377

開館時間

領事窓口
9:00〜12:30、13:30〜16:30(月〜金)

広報・文化センター
9:00〜12:30、13:30〜16:30(月〜金)

休館日

マップ

map

交通アクセス

  • 地下鉄B線Anděl駅よりトラム12番、20番でHellichova駅下車後、徒歩3分
  • 地下鉄B線Národní třída駅よりトラム22番でHellichova駅下車後、徒歩3分
  • 地下鉄A線Malostranská駅よりトラム12番、20番、22番でHellichova駅下車後、徒歩3分
  • 地下鉄C線Holešovické nádraží駅よりトラム12番でHellichova駅下車後、徒歩3分

駐チェコ日本国大使の活動

平成30年秋の叙勲
ヨゼフ・レーブル氏に対する勲章伝達式
2018年11月27日

11月27日,日本大使公邸においてヨゼフ・レーブル氏への勲章伝達式を開催しました。レーブル氏は,在日本チェコスロバキア大使館(当時)の参事官やチェコ投資庁長官,チェコ投資庁長官特別顧問を歴任され,長年にわたり,我が国との経済関係の強化や文化交流,科学技術協力に寄与されてきました。とりわけ,東京にチェコ投資庁の出先機関を開設するなど日系企業による投資を促進するための環境を整備するとともに,自ら日系企業の誘致に取り組まれるなど日・チェコ間の経済関係の強化に大変な貢献をされてきたことから,この度,旭日中綬章が授与されることとなりました。多数の来賓を迎え,現在の日本とチェコの経済関係の強さと,これに寄与されたレーブル氏に対する祝賀を表す和やかな雰囲気の式となりました。


勲記を授与されたレーブル氏夫妻
と嶋﨑大使夫妻


答辞を述べるレーブル氏

ティラド・チェコ社訪問
2018年11月22日

11月22日、嶋﨑大使はティラド・チェコ社を訪問し、工場を見学するとともに関係者との意見交換を行いました。訪問を通じて、同社が、自動車部品分野で高品質製品を欧州各地に供給していること、高い品質確保のためのたゆまぬ努力があることを教えていただきました。今後ますます欧州の自動車関連市場を開拓されることを期待しております。


視察の様子


ティラド・チェコ関係者の皆様と嶋﨑大使

嶋﨑大使のマサリク博物館訪問
2018年11月21日

11月21日、嶋﨑大使夫妻は、チェコスロバキア建国の父マサリク初代大統領の生地ホドニーンにあるマサ リク博物館を訪問し、ホヴァンチーコヴァー館長他、関係者と懇談しました。本年、チェコスロバキアが建国10 0周年を迎えることについて祝意を述べるとともに、丁度100年前の1918年、マサリク博士がシベリア経由 で来日した際に掲載された本邦新聞記事を紹介ました。在チェコ日本大使として、次の100年に向けて両国の交 流が一層深まるよう尽力する所存です。


ホヴァンチーコヴァー館長(中央)
及び関係者と懇談する嶋﨑大使夫妻


マサリク博士の日本滞在が記載された記事の写しを手交する嶋﨑大使
(大正7年4月15日付東京朝日新聞)


ホヴァンチーコヴァー館長による館内展示物に関する説明に聞き入る嶋﨑大使夫妻


ゲストブックに記帳する嶋﨑大使

プラハ市の桜の植樹式への出席
2018年11月16日

11月16日、嶋﨑大使は、プラハ市ウ・チェンク公園で行われた桜の植樹式に出席し、NPO法人育桜会から寄贈された桜がプラハ市の皆様の憩いの場にしっかりと根を下ろすことを祈念して、フジプ・プラハ市長、松澤育桜会理事長とともに植樹しました。日チェコ両国の友好の証である25本の桜がすくすくと育ち、両国間の友好関係のように満開に花開くことを楽しみにしております。


挨拶の言葉を述べるフジプ・プラハ市長
(右端)と嶋﨑大使(左から2番目)
と松澤育桜会理事長(左端)


左から、ヴォンドラ・プラハ14区長、
嶋﨑大使、リフター・プラハ・ドルニーポチェルニッツェ区長、 フジプ・プラハ市長、フェルイェンチーク下院議員、松澤育桜会理事長


 一緒に桜を植樹する嶋﨑大使(左)、フジプ・プラハ市長(中央)、
松澤育桜会理事長(右)(Zdroj: MHMP)

大阪府堺市関係者の当館訪問
2018年11月13日

11月13日、嶋﨑大使は、当地に訪問中の大阪府堺市関係者の皆さまと、堺市とチェコとの人的・文化交流の可能性について意見交換を行いました。日本とチェコにおける地方自治体間での交流が、今後ますます活発化するよう、心より応援しております。


 嶋﨑大使(中央)と大阪府堺市関係者の皆さま

秋の留学生コンサートへの参加
2018年11月10日

11月10日、嶋﨑大使は、プラハ市内のマルティヌホールにて、日本人会主催による「秋の留学生コンサート」を鑑賞し、コンサート終了後には演奏者の皆さんと歓談しました。チェコで音楽を学ぶ日本人留学生の皆さんが今後も活躍され、音楽を通じた日本とチェコの交流が更に深まることを期待しています。


 チェコで音楽を学ぶ日本人留学生の皆さんと嶋﨑大使(中央)

嶋﨑大使のスタニェク文化大臣表敬
2018年11月8日

11月8日、嶋﨑大使は,スタニェク文化大臣を表敬しました。昨年の日チェコ国交回復60周年記念事業での交 流を含め,これまでの二国間における文化的な協力関係を評価するとともに,文化交流を通じての相互理解こそが、日・チェコ間の友好的な政治・経済関係の基盤となる点で意見が一致しました。2020年の日・チェコ国交樹立100周年に向けて,今後さらに,両国間における文化交流の発展に努めてまいります。


スタニェク文化大臣と嶋﨑大使

チェコ日本語教師会関係者との懇談
2018年11月2日

11月2日,嶋﨑大使は,チェコ日本語教師会の皆様を公邸に招き,チェコにおける日本語教育普及への貢献について謝意を述べるとともに,今後の更なる拡大・発展について懇談を行いました。日本語学習を通じて,一人でも多くのチェコの方が,日本に親しみを感じて貰えることを願っております。


嶋﨑大使(前列中央)とチェコ日本語教師会の皆さん

和太鼓グループYAMATO チェコ公演鑑賞・懇親
2018年10月29日

10月29日、嶋﨑大使は、プラハ市ヒベルニア劇場で開催された和太鼓グループYAMATOの公演を鑑賞し、チェコのYAMATOファンとともに、今回の公演プログラム「挑戦者-The Challengers」にふさわしい躍動感あふれる素晴らしいパフォーマンスを楽しみました。日本の伝統文化を継承しつつ常に挑戦し続けるYAMATOの皆様の海外での活躍を応援するとともに、引き続き両国間の文化交流が活発に行われることを期待しています。


和太鼓グループYAMATOのメンバーと嶋﨑大使夫妻
大太鼓を囲んで


和太鼓グループYAMATOのメンバーと嶋﨑大使
大使館での懇親

第60回MSV(International Engineering Fair)訪問
2018年10月3日

10月3日、嶋﨑大使は、ブルノ市で開催された第60回MSV(International Engineering Fair)において、ジェトロプラハ事務所主催の「FA/IOTカンファレンス」で挨拶を述べました。セミナーでは、日本の産業用ロボット、工作機械、IOT分野の先進性について参加者の理解が深まりました。本イベントをきっかけに、関連分野の両国間協力がさらに進むことを期待しています。


挨拶する嶋﨑大使


日系企業のブースを視察する嶋﨑大使

日本酒プロモーションイベントの開催
2018年9月26日

9月26日,日本酒造組合中央会及びJETROプラハ事務所との共催で日本酒プロモーションイベントを大使公邸で開催しました。 日本からは,出羽桜酒造(山形),尾畑酒造(新潟),丸山酒造場(新潟),天鷹酒造(栃木),青木酒造(茨城),丸石醸造(愛知),清水清三郎商店(三重),大関(兵庫),明石酒類醸造(兵庫)の9つの酒蔵が参加されました。チェコのメディア関係者や卸売・小売業,飲食業の関係者を招待し,酒蔵ごとに設置したテーブルにおいて日本酒の試飲や料理との合わせ方等の説明を実施しました。
 チェコ人にとって日本酒は全く新しい味であり,当地での日本酒の消費量はまだ大きくありませんが,その分,今後の普及の余地は大きいと言えます。また,普及のためには地道に試飲の機会を繰り返し設けチェコの皆様に日本酒の味に親しんでいただくことが大事だと考えています。今回のプロモーションイベントが,チェコでの日本酒の普及に貢献できることを願っております。





第27回国際音楽祭ヤングプラハ・クロージングコンサート
2018年9月26日

9月26日、嶋﨑大使夫妻は、ルドルフィヌム・ドボルザークホールで開催された第27回国際音楽祭ヤングプラ ハ・クロージングコンサートに出席しました。同コンサートでは、日本人演奏者の他、スロバキア人ピアニスト、 チェコ人チェリストによる演奏が披露されました。コンサート後のレセプションでは、演奏者やコンサート関係 の皆様に祝辞を述べるとともに、今後も音楽祭ヤングプラハが発展し、音楽を通じた国際交流が一層深まるよう挨 拶しました。


文化関係者、政府関係者、当地の外交団や
市民で埋め尽くされた
ルドルフィヌムの会場


演奏者に拍手を送ると
嶋﨑大使夫妻(中央)

第27回国際音楽祭ヤングプラハコンサートの開催
2018年9月24日

9月24日、嶋﨑大使夫妻は、ポーランド大使館での第27回国際音楽祭ヤングプラハコンサートに出席しました このコンサートは、国際音楽祭ヤングプラハ実行委員会、ポーランド大使館及び当館の共催で開催されたものです。 その後、同コンサートにて素晴らしい弦楽四重奏を披露された日本人演奏者やポーランド人ピアニストと歓談しました。今後も、同音楽祭を通じて、世界中の若き才能溢れる音楽家の皆様が人々を魅了し続けることを願っております。


演奏後に花束贈呈と
拍手喝采を受けた演奏者


Krajewskaポーランド大参事官(中央)、
花束を持つ日本人演奏者の
カルテットアマビーレ、
ピアニストのDrabinski氏(左端)、
嶋﨑大使夫妻

横浜国立大学・オストラヴァ工科大学共催ワークショップ出席
2018年9月10日

9月10日、嶋﨑大使はオストラヴァ市を訪問し、横浜国立大学・オストラヴァ工科大学共催ワークショップ「8th International Workshop : New Methods of Damage and Failure Analysis of Structural Parts」に参加し、開会挨拶を述べるとともに関係者との意見交換を行いました。ワークショップでは、日本及びチェコをはじめとする各国の研究者、学生による活発な討議が行われました。このような両国間の学術交流がますます盛んになることを願っております。


挨拶する嶋﨑大使


ワークショップの様子


横浜国立大学及びオストラヴァ工科大学をはじめとする関係者の皆様と嶋﨑大使

クルハーネク・カルロヴィ・ヴァリ市長との懇談
2018年9月3日

9月3日、嶋﨑大使はカルロヴィ・ヴァリ市を訪問し、クルハーネク同市市長と2020年の日本・チェコスロバキア国交樹立100周年における協力をはじめ、両国間交流強化のための取組について意見交換を行いました。同市は群馬県吾妻郡草津町と姉妹都市関係にあり、今後ますます交流が深まることを期待しております。


クルハーネク市長と嶋﨑大使


芳名帳に記帳する嶋﨑大使

三菱電機(Mitsubishi Electric Automotive Czech社及びElectric Powersteering Components Europe社)訪問
2018年8月30日

8月30日、嶋﨑大使はMitsubishi Electric Automotive Czech(MEAC)社及びElectric Powersteering Components Europe(EPCE)社を訪問し、工場を見学するとともに関係者との意見交換を行いました。訪問を通じて、同社が、自動車部品分野で高付加価値製品を欧州全土に供給していること、高い品質確保のためのたゆまぬ努力があることを教えていただきました。引き続き多くの従業員とともに地域社会に貢献しつつ、リーディング・カンパニーとして活躍されることを期待しております。


MEAC関係者の皆様と嶋﨑大使


EPCE関係者の皆様と嶋﨑大使

平成30年春の叙勲
マルチン・ヴァチカージュ氏に対する勲章伝達式
2018年6月21日

6月21日,日本大使公邸においてマルチン・ヴァチカージュ氏への勲章伝達式が開催されました。ヴァチカージュ氏は,取材コーディネーターとして,長年にわたり日本のメディアチームがチェコで取材する際のサポートに尽力してきました。また,日本についての深い知見と卓越した日本語能力によって,日本とチェコの要人往来や文化芸術分野での訪問の際に,通訳として円滑な交流に貢献されてきたことから,旭日双光章が授与されました。多数の来賓を迎え,現在の日本とチェコの友好関係の深さと,この関係の基礎を作ったヴァチカージュ氏に対する祝賀を表す和やかな雰囲気の式となりました。


嶋﨑大使より勲記を授与された
ヴァチカージュ氏


ヴァチカージュ氏のご家族と嶋﨑大使夫妻

春の留学生コンサートへの参加
2018年5月27日

5月27日、嶋﨑大使は、マルティヌホールで行われた、チェコで音楽を学ぶ日本人留学生による春のコンサートを鑑賞し、素晴らしい音色に聴き入るとともに、コンサートの大成功にお祝いの言葉を述べました。
日本人留学生の皆さんが、音楽を通じて日本とチェコの間の架け橋となり、今後も活躍されることを期待しています。


チェコで音楽を学ぶ日本人留学生の皆さんと嶋﨑大使(中央)と
チェコフィルハーモニー・バイオリン奏者ヴィクトル・マザーチェック氏
(嶋﨑大使の右後方)

第13回 盆栽展 オープニングへの出席
2018年5月11日

5月11日、嶋﨑大使は、プラハ市植物園の日本庭園で行われた、第13回盆栽展のオープニングに出席しました。色鮮やかな花が咲き誇る新緑の日本庭園では、当地の盆栽愛好家が丹精込めて手がけた102点の盆栽が展示され、多くの人々の目を楽しませました。チェコにおいても、盆栽が一つの文化として定着していることを嬉しく思うとともに、同庭園を訪れるチェコの皆様が、日本文化に親しんでくださることを願っています。


嶋﨑大使夫妻とプラハ市植物園ディレクターのチェルニー氏(中央)、 日本庭園責任者のフヴォスタ氏(左から2番目)、通訳のヘジュマン氏(左)


展示された102点にのぼる盆栽


作品を鑑賞する、嶋﨑大使夫妻


盆栽展を楽しむ人々

プラハ市主催HANAMI
2018年5月6日

5月6日、嶋﨑大使は、プラハ市展示場で、同市の主催の初めてのHANAMIに参加しました。春の訪れを祝う日本古来の風習を、チェコの皆様が楽しんでくださることを、心から嬉しく思います。本年、同展示場に桜が植樹され、来年もさらに多くの桜が植樹される予定です。日チェコの友好関係が、プラハにおける桜の花のように、満開の花を咲かせ、ますます広がっていくことを願っております。


嶋﨑大使夫妻とクルナーチョヴァー・プラハ市長

ズデニェク・トーマ氏写真展『魅惑の京都』オープニングレセプション
2018年5月2日

5月2日、嶋﨑大使は、チェコ共和国上院で行われた、ハッサン・メジアン上院議員後援による、ズデニェク・トーマ氏写真展『魅惑の京都』のオープニングセレモニーに参加しました。これまで約48年にわたり、日本の自然や庭園、人々についての作品を発表し続け、2017年には旭日双光章を受章しているトーマ氏の写真を通して、チェコの方々に日本の魅力を味わっていただき、より多くの方が、実際に日本を訪れてくださることを期待しております。


嶋﨑大使(左)とトーマ氏(中央)、
メジアン上院議員(右)


写真を鑑賞する嶋﨑大使と
メジアン上院議員(右)、トーマ氏(左)

Czech Japan Technology Partnership Conferenceでの挨拶及び関係者との意見交換
2018年4月26日

4月26日、嶋﨑大使は、チェコ工科大学情報・ロボティックス・サイバネティクス研究所(CIIRC)で開催されたセミナー:Czech Japan Technology Conferenceに参加し、開会挨拶を述べるとともに関係者との意見交換を行いました。セミナーでは、チェコ政府、大学、IT企業関係者からチェコの現状についての説明があり、日チェコ間の先進技術の提携の可能性について参加者の理解が深まりました。本セミナーをきっかけに、両国間協力がさらに進むことを期待しています。


挨拶する嶋﨑大使

東レ(Toray Textiles Central Europe社)訪問
2018年3月22日

3月22日、嶋﨑大使はToray Textiles Central Europe(TTCE)社を訪問し、工場を視察するとともに関係者との意見交換を行いました。視察を通じて、同社が、裏地用織物、エアバッグ用基布、印刷版材(水なし平版)の分野で高付加価値製品を欧州全土に供給していること、高い品質確保のためのたゆまぬ努力があることを教えていただきました。引き続き多くの従業員とともに地域社会に貢献しつつ、先端材料のリーディング・カンパニーとして活躍していくことを期待しております。


TTCE関係者の皆様と嶋﨑大使

視察の様子

帰国留学生との交流会
2018年1月30日

嶋﨑大使は、チェコ帰国留学生ネットワーク(CKRN)、国際協力機構(JICA)チェコ卒業生会、HIDA-AOTSチェコ卒業生会のメンバーを公邸に招き、交流会を行いました。日本への留学経験を生かして、チェコの様々なセクターで活躍する参加者に、謝意を表すとともに、今後も、こうした方々が、日・チェコ間の友好関係の架け橋として活躍されることを期待しています。


嶋﨑大使の挨拶


カベレ教授の挨拶


嶋﨑大使夫妻とチェコ帰国留学生ネットワーク(CKRN)、
国際協力機構(JICA)チェコ卒業生会、
HIDA-AOTSチェコ卒業生会のメンバー

チェコ日本友好協会 第11回新年コンサート
2018年1月27日

嶋﨑大使は、チェコ日本友好協会第11回新年コンサートに参加し、プラハ日本人学校、フランティシェック・ペジナ基礎学校の子どもたちがともに歌う「故郷」や、日・チェコの演奏家による金管五重奏の演奏を鑑賞しました。また、サプライズとして、元プラハ交響楽団ピッコロ奏者のスタニスラフ・フィンダ氏や日本人女子中学生とともに、ピアニストのミロスラフ・セケラ氏の伴奏によるフルート四重奏を演奏しました。日チェコ間の音楽による交流が、両国の友好を深めることを願っています。


金管五重奏


協奏する嶋﨑大使(右)とスタニスラフ・フィンダ氏(左)

嶋﨑大使のヴォンドラーチェク下院議長表敬
2017年12月13日

嶋﨑大使は,ヴォンドラーチェク下院議長を表敬し,2015年のハマーチェク下院議長(当時)の訪日,2016年川端衆議院副議長(当時),本年の郡司参議院副議長の訪チェコを含めた,両国の議会間交流を評価するとともに,今後さらに発展させていくことで一致しました。また,両国の文化,経済の分野においても,引き続き関係を強化していくことで一致しました。


ヴォンドラーチェク下院議長と嶋﨑大使

第一回 カフェ・ヘリホヴァへの参加
2017年12月19日

19日、チェコ人と日本人が日本語で気軽に交流する『カフェ・ヘリホヴァ』を行いました。嶋﨑大使夫妻によるジブリの演奏に始まり、「日本のお正月」等をテーマに、日本語を学ぶチェコ人大学生と、チェコに留学中の日本人大学生が活発に意見を交わし合いました。日本人と日本語を学ぶチェコ人との交流がさらに活発になることを期待しています。


嶋﨑大使の挨拶


カレル大学シーコラ日本語学科長の挨拶


参加者による自己紹介


参加者による自己紹介


嶋﨑大使夫妻によるジブリの演奏

チェコ日本語教師会関係者との懇談
2017年12月08日

8日、嶋﨑大使は、チェコ日本語教師会関係者を公邸に招き、チェコにおける日本語教育の普及について懇談しました。日本語弁論大会などのイベントを通じて、チェコの皆さんに、ますます日本語に関心を持ってもらえることを願っています。


嶋﨑大使夫妻(前列中央)とチェコ日本語教師会の皆さん他関係者

平成29年秋の叙勲
ヴラスタ・チハーコヴァー・ノシロ氏に対する勲章伝達式
2017年11月30日

 11月30日、日本大使公邸においてヴラスタ・チハーコヴァー・ノシロ氏への勲章伝達式が開催されました。チハーコヴァー氏は、長年にわたり美術を通じた日本・チェコ間の文化交流及び相互理解の促進に貢献されたことから、旭日小綬章を受章されました。勲章伝達式は、日本からの祝電とともに多数の来賓を迎え、現在の日本とチェコの友好関係の深さと、この関係の基礎を作ったチハーコヴァー氏に対する祝賀を表す和やかな雰囲気の式となりました。勲章伝達式の模様はチェコテレビでも放送されました。 チェコテレビ


嶋﨑大使より勲記を授与されたチハーコヴァー氏


チハーコヴァー氏のご家族と嶋﨑大使夫妻

ジャパンウィークへの出席
2017年18~19日

 11月18日から23日にかけて、プラハの旧市街広場やコングレスセンターなどにおいて、日本文化を紹介する大規模行事「第42回ジャパンウィーク2017年」が開催されました。プラハ市での開催は、2002年に続いて2回目でした。今回のジャパンウィークには、約1,300人の日本からの参加者がプラハを訪れ、展示・実演を通じて、和食、日本酒、書道、茶道、日本舞踊、絵画、漫画、ネールアートなど、伝統的なものから現代的なものまで、多様な日本の文化を紹介しました。嶋﨑大使は、18日に旧市街広場で行われたオープニング、ゾフィン宮殿でのウェルカムレセプション、また、19日には実演会場の一つであるプラハ・コングレスセンターでのリボンカッティング・セレモニーに出席し、プラハ市及び国際親善協会の関係者と共に挨拶を行いました。ジャパンウィークを通じて、チェコと日本の皆さんが育まれた友情が今後も深められていくことを期待しています。


オープニングで挨拶を行う嶋﨑大使


オープニングでの和太鼓公演


オープニングでの鏡開きの様子。ウォルフ・ プラハ市副市長(左から2番目)、クルナーチョヴァー・プラハ市長(左から4番目)、
愛知国際親善協会会長(左から5番目)、
嶋﨑大使(中央)他関係者の皆さん


ゾフィン宮殿でのウェルカム
レセプションの様子


ウォルフ副市長に日本酒を紹介する嶋﨑大使


コングレスセンターでの
リボンカッティング・セレモニーの様子


展示会場を視察する嶋﨑大使


展示会場を視察する嶋﨑大使

原子力研究機関訪問
2017年11月27日

11月27日、嶋﨑大使は、様々な分野で優れた成果を挙げているチェコの原子力研究機関であるÚJV Řež及びResearch Center Řežを訪問し、研究施設を視察するとともに今後の原子力分野における両国間協力の可能性について意見交換を行いました。


クジージェク(Mr. Karel Křížek) ÚJV Řež・CEOをはじめ関係者と嶋﨑大使


嶋﨑大使の視察の様子


貿易保険セミナー:NEXI・EGAP JOINT REINSURANCE 
SEMINARでの挨拶
2017年11月23日

 11月23日、嶋﨑大使は、EGAP(チェコ輸出保証・保険公社)本社で開催された貿易保険セミナー:NEXI・EGAP JOINT REINSURANCE SEMINARに参加し、開会挨拶を述べるとともに、関係者との意見交換を行いました。セミナーでは、
NEXI及びEGAPが提供する貿易保険・再保険の仕組みについて参加者の理解が深まりました。


挨拶する嶋﨑大使


セミナーの様子

経済関係セミナー:CZECH・EU・ASIAN TRADEでの講演
2017年11月20日

 11月20日、嶋﨑大使は、CEVRO INSTITUTで開催された経済関係セミナー:CZECH・EU・ASIAN TRADEに参加し、日系企業のチェコ経済への貢献、日EUEPAをはじめとする経済連携協定の意義について講演を行いました。セミナーでは、活発な質疑応答も行われ、チェコにおける日系企業の貢献や日本の経済政策に関し、参加者の理解が深まりました。


講演する嶋﨑大使


セミナーの様子

指揮者・武藤英明氏との懇談
2017年11月14日

嶋﨑大使は、長年にわたり日本とチェコの間における音楽交流に尽力されている指揮者・武藤英明氏をはじめとする関係者を公邸に招き、これまでの協力に謝意を述べるとともに、今後の更なる協力について意見交換を行いました。


指揮者・武藤英明氏(左から3番目)、嶋﨑大使夫妻ほか関係者

車いすテニス国際大会「Ferrmont Prague Cup Indoor 2017」への出席
2017年11月12日

 嶋﨑大使夫妻は、プラハ9区のSPORT CENTERUM STEPで行われた車いすテニス国際大会に出席し、男子シングル決勝戦を観戦しました。その後、激戦を制し優勝した眞田卓選手に対し、嶋﨑大使より優勝カップを授与するとともに、お祝いの言葉をおくりました。なお、男子ダブルスでは、眞田卓選手及び三木拓也選手が優勝し、クァード(Quad)クラスでは、菅野浩二選手が優勝しました。選手の皆さん、大変おめでとうございました。


眞田選手にお祝いの言葉を述べる嶋﨑大使


向かって右から、マチーサジュ(Martin Císař)チェコ車いすテニス協会会長、眞田選手、嶋﨑大使

秋の留学生コンサートへの参加
2017年11月12日

チェコで音楽を学ぶ日本人留学生による秋のコンサートがマルティヌーホールで行われました。嶋﨑大使夫妻は、このコンサートに参加し、コンサートの大成功にお祝いの言葉を述べました。日本人留学生の皆さんが、音楽を通じて日本とチェコの間の架け橋となり、今後も活躍されることを期待しています。


チェコで音楽を学ぶ日本人留学生の皆さんと嶋﨑大使夫妻

クルナーチョヴァー・プラハ市長との懇談
2017年10月24日

嶋﨑大使は,クルナーチョヴァー・プラハ市長の公邸を訪問し,11月にプラハ市で開催される日本とチェコの市民の交流を目的とした日本文化紹介イベント「ジャパンウィーク」における協力や,2020年の日本とチェコスロバキアの国交樹立100周年等,今後の協力について意見交換を行いました。


クルナーチョヴァー・プラハ市長と嶋﨑大使

ザオラーレク外相表敬
2017年9月27日

嶋﨑大使は,ザオラーレク外相を表敬し,本年1月の岸田外務大臣(当時)の訪チェコ,6月のソボトカ首相の訪日を含めた日・チェコ間のハイレベル交流につき評価するとともに,両国の文化,経済,安全保障の分野で引き続き関係を強化していくことで一致しました。さらに,最近の国際社会におけるグローバルな課題についても意見交換しました。


ザオラーレク外相と嶋﨑大使

竹前磧齋(せきさい)氏による書道展での挨拶
2017年10月14日

 10月14日、嶋﨑大使はプラハのピーセツカブラーナ(Písecka brána)ギャラリーで行われた竹前磧齋(せきさい)氏による書道展のオープニングセレモニーに参加し、開会挨拶を述べました。ワークショップでは皆竹前氏の実演に魅入るとともに、子どもから大人まで多くの参加者が書道を体験しました。書道を通じた日本文化の普及を通して、両国の理解がより深まることを期待しています。


竹前磧齋氏による書道展レセプションで
挨拶を行う嶋﨑大使


竹前磧齋氏による実演


ラトカ・チャースラフスカー女史(右)と
嶋﨑大使夫人(左)。
ラトカ女史による書「友人」とともに。
(ラトカ女史は、1964年の東京オリンピ
ックの金メダリスト・故ヴェラ・チャース
ラフスカー女史のご息女)


書についての説明を受け参加者とともに
意見を交わす嶋﨑大使


竹前磧齋氏(左)と嶋﨑大使夫妻

日本酒セミナーの開催
2017年10月12日

 10月12日、JETROプラハ事務所との共催で日本酒セミナーを開催しました。セミナーでは日本酒の映画を放映し、日本酒の伝統と今後の輸出戦略に対しての参加者の関心を高めました。その後、チェコに来ていただいた5つの酒造メーカーの皆様から、参加者へのプレゼンテーション及び試飲の実施、さらには、酒造メーカーと参加者とのビジネスマッチングの場を設置し、日本酒の売り込みを行いました。チェコを含む中東欧地域は、日本食と共に日本酒の普及の余地が大きい地域であり、今回のセミナーを通じて、1人でも多くのチェコ人に美味しい日本酒を味わっていただけることを願います。


セミナー開始の挨拶をする嶋﨑大使


セミナーでプレゼンを行った酒造メーカーの皆さん

AGCグループ視察
2017年10月04日

 10月4日、嶋﨑大使はTeplice市のAGC Flat Glass Czech、AGC Automotive Czech、同社が運営する技術系中等教育校及びフットボールクラブFK Tepliceの視察を行うと共に、関係者と意見交換を行いました。AGCグループは、チェコに進出する日系企業の中でも最大規模の企業であり、ヨーロッパで走る車の6台に1台は、ここチェコで製造されたガラスを使用しているなど、大きなマーケットを有します。一方、中等教育からフットボールチーム運営まで、地域密着型の企業経営を行っており、労働力不足の深刻なチェコにあっても、着実な成長を続けています。このような地域に着実に根を下ろした日系企業の取組が広く知れ渡ることで、日チェコの友好関係が更に発展することを願います。


Flat Glassの説明を受ける嶋﨑大使


AGC Secondary schoolの授業
を視察する嶋﨑大使


自動車のフロントガラスの説明
を受ける嶋﨑大使


FK Tepliceのフットボールスタジアムにて

第26回国際音楽祭ヤングプラハ・クロージングコンサート
2017年9月24日

 嶋﨑大使は、国際音楽祭ヤングプラハ・クロージングコンサートに参加し、コンサート関係者や演奏者の皆さんに祝辞を述べるとともに、今後も国際音楽祭ヤングプラハが発展し、日本とチェコの音楽を通じた交流が一層深まるよう期待を込めて挨拶を行いました。


国際音楽祭ヤングプラハ・レセプションで
挨拶を行う嶋﨑大使


演奏者を迎えるチステツキー・ヤングプラハ
実行委員会委員長


ピアニストの稲垣 拓己氏(日本,15歳)
 ヴァイオリニストのHana Chang氏
(米国/日本,14歳)と嶋﨑大使夫妻


スタンディングオベーションの拍手喝采を
受けた本年の国際音楽祭ヤングプラハ・
クロージングコンサート

Czech Japan Technology Partnership Workshopでの挨拶
2017年9月22日

9月22日、嶋﨑大使は、チェコ工科大学情報・ロボティックス・サイバネティクス研究所(CIIRC)で開催されたワークショップ:Czech Japan Technology Partnership Workshopに参加し、開会挨拶を述べるとともに、関係者との意見交換を行いました。ワークショップでは、様々な分野で両国間の産業技術協力が進んでいることの説明がされるとともに、チェコのインダストリー4.0と日本の先進技術の提携の可能性についても参加者の理解が深まりました。本ワークショップをきっかけに、両国間の先進技術分野における協力がさらに進むことを期待しています。


挨拶する嶋﨑大使


ワークショップの様子

Toyoda Gosei Czech 植樹祭での挨拶
2017年9月16日

 9月16日、嶋﨑大使はToyoda Gosei Czechが主催する植樹祭に参加し、参加者に対し挨拶を述べるとともに、関係者と植樹を行いました。同社は、Klasterec nad Ohri市に拠点を構え、この15年間、地元の方々と共に歩んでこられました。今回の植樹祭では、同社に勤務する方々のみならず地元市民も参加し、工場周辺に約5000本のチェコ固有の樹種を植えました。この先、植樹した木々が順調に生長し、日本とチェコの友好関係及び両国の共栄のシンボルとなるよう願います。


植樹する木の紹介をする嶋﨑大使


ブラベッツ環境大臣をはじめとしたゲストとともに植樹する嶋﨑大使


ブラベッツ環境大臣、豊田合成の皆様と嶋﨑大使

第26回国際音楽祭ヤングプラハ特別コンサートの開催
2017年9月14日

嶋﨑大使夫妻は、国際音楽祭ヤングプラハ実行委員会、ポーランド大使館、当館が共催して開催したポーランド大使館での第26回国際音楽祭ヤングプラハ特別コンサートに出席しました。その後、素晴らしい演奏を披露してくれた日本人ヴァイオリニストの辻彩奈氏、チェコ人ピアニストのMiroslav Sekera氏、ポーランド人ピアノ・デュオのWojciech Szymczewski氏及びBartosz Kołaczkowski氏と歓談しました。日本とV4諸国の音楽家の皆さんの交流が今後も続けられ、人々を魅了し続けることを期待しています。


Grazyna Bernatowicz駐チェコ・ポーランド大使(中央)、辻彩奈氏(左から3人目)、 Wojciech Szymczewski 氏(右から3人目)、Bartosz Kołaczkowski氏(右から2人目)、Miroslav Sekera氏(右端)と嶋﨑大使夫妻


演奏を披露する辻彩奈氏とMiroslav Sekera氏

ライブ書道家・上平梅径氏の大使館表敬訪問
2017年9月6日

嶋﨑大使は、日本各地や海外で書道のライブイベントを行っている上平梅径氏を迎え、書道を通じた日本文化の普及について意見交換を行いました。


書道デモンストレーションを行う上平梅径氏、上平桃凛氏、能管演奏者の野中久美子氏


上平梅径氏(中央左)ほか関係者と嶋﨑大使

ノーベル生理学・医学賞受賞者の大隅良典栄誉教授との懇談
2017年8月27日

2016年ノーベル生理学・医学賞受賞者の大隅良典栄誉教授は、プラハ国際会議場で行われた第28回酵母遺伝学及び分子生物学に関する国際会議に出席し、オープニングで講演を行われました。その際、嶋﨑大使は、大隅栄誉教授と生物学・医学分野における交流について意見交換を行いました。


大隅栄誉教授と嶋﨑大使夫妻

泉佐野市合唱団の訪問
2017年8月19日

8月19日、チェコの合唱団と交流を行っている泉佐野市少年少女合唱団の皆さんが大使館の広報文化センターを訪問し、嶋﨑大使夫妻にふるさとなどの合唱を披露しました。嶋﨑大使は、合唱団を歓迎するとともに、本年、二国間関係が国交回復60周年を迎えることや日本とチェコの歴史的なつながりについて紹介しました。泉佐野市少年少女合唱団とチェコの合唱団の交流が今後も継続して行われることを願っています。


合唱を披露する泉佐野市少年少女合唱団の皆さん


泉佐野市少年少女合唱団の皆さんと嶋﨑大使夫妻

ズデニェク・トーマ氏に対する勲章伝達式
2017年6月15日

6月15日、日本大使公邸においてズデニェク・トーマ氏への勲章伝達式が開催されました。チェコの写真家、紀行家であるズデニェク・トーマ氏は、長年にわたり日本文化の普及に尽力してきたことから、旭日双光章が授与されました。多数の来賓を迎え、現在の日本とチェコの友好関係の深さと、この関係の基礎を作ったトーマ氏に対する祝賀を表す和やかな雰囲気の式となりました。


嶋﨑大使より勲記を授与されたトーマ氏


家族・親戚関係者と嶋﨑大使夫妻の集合写真の様子

嶋﨑大使のヘルマン文化大臣着任表敬
2017年6月5日

嶋﨑大使は、ヘルマン文化大臣を着任表敬し、広報文化の分野における日チェコ間の協力について意見交換を行いました。本年の日・チェコ国交回復60周年に際して、文化交流も通じて両国の絆を一層深めることで一致しました。


ヘルマン文化大臣と嶋﨑大使

米村修治氏による講演会の開催
2017年6月5日

6月5日、ぴあ株式会社の米村修治氏は、プラハで日本の新しい形のリサイクルモデルについての講演会を行いました。廃材に思い出と伝統工芸を合わせて新しい商品を作り出すというプロジェクトについて説明を行い、チェコのメディアでも紹介されました。同日、米村氏及びチェコのナショナル・ギャラリー・アジア・アフリカ展関係者を公邸に招き、チェコと日本の文化交流の可能性などにつき懇談を行いました。


米村修治氏による新しいリサイクルモデルの講演会の様子


嶋﨑大使夫妻、米村氏とナショナル・ギャラリー関係者

セントラル硝子チェコ新工場起工式式典での挨拶
2017年6月1日

6月1日、パルドヴィッツエ市で開催されたセントラル硝子チェコ新工場起工式式典に参加し、祝辞を述べるとともに、関係者との意見交換を行いました。同社新工場は、リチウムイオン電池の主要部材である電解液を製造予定であり、今後、欧州の伸びゆく電気自動車関連市場を開拓されることを切に願っています。さらに、同社がパルドヴィッツエ市をはじめとする地域経済の更なる活性化を通じて、日チェコ両国のウィン・ウィンの関係を築く素晴らしいパートナーになると確信しています。


挨拶する嶋﨑大使